© 2014-2019 住環境設計オカムラアトリエ・JKS-MURA 

竹取物語プロジェクト

2018/12/08

このプロジェクトは、竹藪を何とかする。というより、暮らしに竹を利用するプロジェクトです。暮らしに竹を利用するようになれば、自然と荒れた竹藪が、美しい竹林になる。


竹は繁殖力が大きく放置すると藪状態になります。植林された山を荒らすことになります。

この繁殖力を上手く利用すればとても有益な資源になります。
かつては暮らしに無くてはならないものでしたが今では無視されてしまいました。
この竹をかつての暮らしから学び、暮らしに活かすプロジェクトです。

(1)燃料にする。薪にする。竹炭にする。

(2)建築資材として使う。竹垣、竹格子等に利用する。
(3)筍を育てる。

 

暮らしに必要な分だけ伐採して利用する。

 

2018/12/08

竹の伐採

山里の小さな神社の横の竹藪から農作業に使う竹を戴く。竹藪の中では、ひょろひょろの樫や椿の木が生えています。陽が当たり大きく育ってほしいと思います。
熊本山鹿・菊鹿の家「アルモンデ」にて

 

 

2016/11/01

竹籠の修理

修理して使う。竹は暮らしに身近な存在にしたいものです。
熊本山鹿・菊鹿の家「アルモンデ」にて

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Please reload

特集記事

古民家再生物語・佐賀下無津呂の家

September 17, 2019

1/10
Please reload

最新記事