© 2014-2019 住環境設計オカムラアトリエ・JKS-MURA 

古民家再生物語・八女黒木の家(その8)

2019/02/11

 

これまでの作業
古民家再生物語・八女黒木の家(その1)撤去作業

古民家再生物語・八女黒木の家(その2)土壁づくり

古民家再生物語・八女黒木の家(その3)土壁づくり

古民家再生物語・八女黒木の家(その4)階段の付替え

古民家再生物語・八女黒木の家(その5)外壁の土壁補修

古民家再生物語・八女黒木の家(その6)屋根の補修と補強

古民家再生物語・八女黒木の家(その7)土間づくり

 

 

2019/02/08,09,10
補強する・柱を元に戻す
以前の改装で2階を支えていた柱を抜いて梁で受けるというこころもとない状態なので、柱を入れ直すことにする。切り取られた柱を蔵の中からルパさんが見つけ出して来たので、元の鞘に戻すことにする。ただ支えるだけでなく揺れにも対応出来るように柱と梁を組むことにする。
この柱を見ると4方に壁があった痕跡があり強固に固めていた柱であることがわかる。それがひとの都合で部屋の確保のために、いとも簡単に撤去してしまう考えが恐ろしい。自然の営みの怖さを知った上での改築であってほしいものです。

補強する・屋根を支える角柱
角の貧弱な柱を撤去して補強し直す
柱を撤去した状態(左)と、柱を入れ直した状態(右)貫を入れて土壁にします。

玄関の建具を取り替える
アルミの玄関サッシを撤去して、木製のガラス戸に入れ替える。撤去した玄関サッシは近くのひとが欲しいというのでそちらに。このガラス戸は近くのゲストハウスから頂いたもの。地域で融通しあうのも古民家再生に必要なことです。

 

メモ
補修・補強をする
どこを補修したか、どこを補強したか分からないように、補修、補強をする。
再生する方法はいろんなやり方があります。改装しましたよとわかるような方法もあります。が、私は古民家としての経年の良さを活かしたいと思っています。古民家が建てられた当初のエネルギーをどう活かすかということだと思います。
古民家を、暮らしに合わせて、伝統の構法や技、自然との係わり方をも尊重しながら、補修、補強をする。

 

 

2019/03/15,16,17

建具の取替え

裏の出入口の建具の、引き違いのアルミサッシから木製のガラス戸へ

ルパさんの拘りで・・・・・・。

ネイル!、キライ!。

ネイル!、ツカワナイデ!、ツクリタイ!。

要するに、伝統的な造作、納まりでつくりたいということに・・・・。しかも、寸法の不揃いな古材を使って・・・・。

建具に合わせて、鴨居、敷居、柱を取付ける。残っている部分は壁にします。

 

風呂場づくり

浴室といった部屋ではなく、既存の壁を撤去して、土間の一画に雨戸で仕切ったような風呂場をイメージするルパさん。